神奈川で保育求人を探すときに知っておくと良いポイント

保育4

神奈川で保育関係の仕事を探そうと思っている人はどんな内容の求人があるのかが気になるでしょう。どのような探し方をしたら魅力的な求人が見つかるのか、応募の仕方はどうしたら良いのかと悩むかもしれません。

神奈川での保育求人の状況や応募の時のコツなどの知っておくと役に立つポイントを紹介するので参考にして下さい。

関連記事:中野区における保育求人の傾向

神奈川での保育事情を知ろう

保育9

保育関係の仕事をしていきたい人はまず神奈川における保育事情を確認しておきましょう。私立保育園や認定こども園など、保育施設も種類が多くなってきていますが、神奈川ではよく知られているほぼ全ての施設を見つけることができます。

横浜市などの都市部の中心地にはあまり多くはないものの、その周辺に広がる住宅地の中には保育施設が多岐にわたって存在しているのが神奈川の状況です。郊外における住宅地開発と並行して保育施設の拡充が進められていることから広範囲で仕事先を見つけられるようになっています。

神奈川では横浜市などの県内に通勤する人だけでなく都内に通勤して働いている人も大勢います。住宅地開発が活発に進められている影響もあり、若い世代が続々と流入していて保育サービスの利用者が多くなっているのが現状です。

その需要の高騰に対して施設の設置は追いついてきているものの、人材の確保についてはまだ遅れている状況があります。そのため、保育関係の仕事をしたいという人にとってはより良い待遇の求人を見つけやすい環境が整っているのが神奈川です。

保育求人の内容を概観しよう

次に神奈川における保育求人の内容がどのようになっているかを概観してみましょう。神奈川では保育施設で働いてくれる職員の募集が活発に行われていて、正職員もパートも求人が出されています。多くの施設からは正職員とパートの募集が同時並行で進められているので、自分の希望するワークスタイルを実現しやすいでしょう。

認可保育園や認証保育園、認定保育園や認定こども園なども多く、施設形態にこだわりがある人にも魅力的な求人が見つかりやすい状況があります。また、新設の保育施設が多いのも神奈川の特徴で、新しい保育園を作り上げていく楽しさを味わいたい人も希望を叶えやすいでしょう。

職種としては保育士の資格を持っている人の募集が大半を占めていますが、資格がなくても保育に携われる保育補助の仕事もあります。保育士に比べると給与水準が低めではあるものの、現場で行う仕事にはそれほど大きな違いはないのが一般的です。

また、看護師や調理師、保育教諭などの募集も行われています。キャリアがある保育士の場合には保育主任や園長の求人も候補にできるでしょう。保育士や保育補助の業務の実態としてもあらゆる保育業務を全員で行うところもあれば、分担制にしているところもあります。

どんな形で保育に携わっていきたいかに応じて選べるのは大きな魅力です。勤務条件については朝7時頃から19時頃までのシフト制になっている場合が多く、月曜日から土曜日までのうち五日間の出勤というのが正社員の場合には普通です。

パートの場合には週三日から働けるようになっている保育園が多くなっています。施設によっては土曜日に対応していなかったり、夜は21時まで対応していたり、パートの人が週二日から採用されていたりすることもあるので、勤務条件にこだわりや制限がある人はよく調べてみると良いでしょう。

福利厚生は全体として充実している傾向があり、育児休暇や育児支援制度が整っているケースが多くなっています。女性の働き手が求められていることから福利厚生の内容としても女性をターゲットにして作られているものが目立つのが特徴です。

保育求人における給料の水準は他の業界の求人に比べて決して高いわけではありません。神奈川でもそれほど高い水準の求人が豊富にあるわけではないので、福利厚生の良し悪しもよく吟味して魅力的な求人を見つけ出すようにしましょう。

探し方について知識をつけよう

保育求人の探し方として何が適切なのかを判断できるように知識をつけておきましょう。保育求人はハローワークや求人誌、求人サイトを使うとたくさん見つけることができます。保育士や保育補助の人に対する給料をあまり上げられないのは資金が潤沢にあるわけではないからで、転職エージェントのように巨額の費用負担が必要になる人材紹介サービスは使っていない保育園が多いのが実態です。

大きな法人が運営している保育園であれば転職エージェントを使っていることもあるので使用してみるのも良いでしょう。ただ、幅広い求人から自分の希望に合っているものを探したいと思うならハローワークなどを積極的に活用するのが無難です。

選び方と応募の仕方を確認しよう

保育関係の仕事の求人を集めてみると神奈川では数千という単位で候補が見つかります。どれを選ぶかで迷ったときに何を基準に決めたら良いかを確認しておきましょう。何より重要なのは仕事をする上でこだわりたいポイントを満たしているかどうかを判断することです。

今までよりも収入を増やしたい、オープニングの時点から働きたい、通勤時間は10分以内にしたいなどといった形で人によって求めているポイントには違いがあります。一つしかこだわりがない人もいれば、考えてみると五つや六つは思い浮かぶ人もいるでしょう。

基本的にはそのポイントを全て満たす求人を探して応募すると失敗がありません。応募のときには履歴書と職務経歴書が必要になる場合がほとんどです。求人を探した手段に応じて応募方法は異なりますが、郵送で書類を送るかオンラインで提出するかのどちらかのケースが多くなっています。

保育士などの有資格者として応募をするときには免許状のコピーが必要になることもあるので準備しておきましょう。

見学をして最終的には決めよう

神奈川の保育施設では職場を見学した上で入職できる仕組みになっている場合がほとんどです。施設によっては書類を提出するとまず施設を見学してから面接を受けるという流れになっていることもあります。

実際に見てみて自分に合っている環境や雰囲気なのかを確認してから最終的な決断をするようにしましょう。日程を面接とはずらしていたり希望制にしていたりすることもあるので、求人などに見学についての記載がない場合には問い合わせてみるのも良い方法です。